努君的徒然草2014~

元在ベトナム日本語教師で、看護医療系受験予備校講師の努くんの公式ブログ

日々の行動、活動や、思い出話。 日本語教育や国語教育のこと。 鉄道や駅弁の記録。 ベトナムのことなどなど。 徒然に記します。

教師生活

41.2%に思う、、、EPAによる外国人看護師・介護士国試結果~その1~

先週末から相次いで、今年度の看護師国家試験、介護士国家試験の合格発表があった。 日本人の受験者も、外国人の受験者も、まず努力が報われた方には「おめでとう」と思うし、今後の活躍を期待したいと思う。 1997年頃から看護医療技術系、福祉系の受験指導…

とめ、はね、だけかな?

大学の3年生の時の話である。「書道Ⅱ」という授業があった。中学・高校の国語科教員免許を取得するには必修の単位である。だから、、、、と言っては語弊があるのだろうけど、教員養成では日本一と言っても決して過言ではない母校の「教育学部」が改組され、…

結婚記念日と丼ビールの思い出 ~đám cưới ngày kỷ niệm và bia tô~

facebookに、ある意味便利で、ある意味恐ろしい機能がある。過去に遡って、同月同日にUPした記事が、「過去の思い出をチェックしなさ~い」と促してくるのだ。 もちろん、それが厭ならOFFにしておけば良いのであるし、自分で了承しない限りタイムラインに載…

どっちも悪いんじゃないの?

あんまりね、政治的なこととかを書くのは好きじゃないんだけど、ロシアとトルコが焦臭くなってるよね。あれ、どうなのよ? 「国境なき医師団」という活動をしている人たちがいる。尊いことだと思う。ベトナム関係で出会った日本人の看護師と助産師がいて、僕…

常用漢字表、、、3年前の思い出

facebookで、過去に自分が投稿した記事を思い出させてくれる仕掛けがある。 僕がfacebookを始めたころはベトナムにいたころで、その時その時に「オモシロい」と思って投稿していても、今となっては気恥ずかしい思いが強いので、なんとなく恥ずかしいからイヤ…

ベトナム人看護師、黎明期の思い出

僕が「ベトナム人の看護学校受験生」の「国語の先生」に最初になったのは、1997年の9月だった。彼女たち3人は、日本の協同組合(現在は発展的にNPO法人になっている)が推進していたベトナム人看護師養成支援事業の2期生だった。 奉職していた予備校で、…

ベトナムの高齢化対策 ~今に始まったことじゃないんだけど~

ベトナムのローカルニュースなどを日本語に翻訳したサイト、ベトジョーの記事から。国連人口基金(UNFPA)とグローバルエイジング研究所(GAI)の共催で、高齢化対策のシンポジウムがハノイで行われたとのこと。 高齢化のスピードが世界最速である日本を抜いて、…

離合集散の駅と、甲子園の記憶

「八高線で通勤してるの?イメージできないなあ、、、」とは、僕を2回ベトナムへ派遣してくれたNPOの常務理事の言であるが、、、 八高線、文字通り東京・八王子と群馬の高崎を結ぶ路線であるが、八王子-高麗川(-川越線)の電化に伴って二分割され、八王…

「介護の日本語」と「介護の心」は、難しいよね

どのように書き出そうかと戸惑いつつ、結局は単刀直入に書くのであるが、、、(笑) いや、笑うことではない。 最初にお断り。僕は日本の社会福祉法人に日本語教師として雇われたことはあるけれども、看護や福祉の専門家ではない。教え子の看護師や介護士は…

甲子園、雑感

高校野球の全国大会もベスト4が出そろい、今日は休養日で試合はなし。 元高校球児でもない僕が、高校野球に殊更に拘る必要もないのだが、自分ではできないプレーに対する憧れがないわけでもない。 でもでもでも、、、 今年の夏の甲子園大会、その全ての試合…

残念ながら、終戦でした

7月も下旬となり、猛暑の中、高校野球の地方予選も終盤戦。 まあ、応援する順位としては、、、、、 母校(3回戦負け) ↓ 母校の兄弟校(1回戦&準決勝でおしまい ↓ 母校(大学や大学院)の付属高校や系列校(あ、優勝か、、、) ↓ 行きたかった高校や大学の…

Ngày sinh nhật.〜来年は50代だね(笑)〜

昨日、もう一年経つと50歳になる、、、、という日を迎えた。 ベトナムで誕生日を迎えると、授業前の教室がこんなことになったり、、、 翌日にEPAの日本側交渉団が視察に来るってのに、授業後の昼食が大宴会になっちゃったり、 結局さあ、自分がケーキ食べた…

負けちゃうとキツイよね

高校野球のネタの続きである。 仕事柄、日常的に高校生に触れることも多い。 ベトナムから帰ってきた直後に受け持った小論文のクラスは、全員が体育会系の部活動をしていた。野球、バドミントン、ハンドボール、軟式テニス、、、指示した課題には一所懸命取…

厳しかったから、嫌いでした!(苦言編、その3)なんでなのかな?

「苦言編」も3回目になった。お小言はさらっと終わらせて、ネチネチ言わないのが良いのはわかっているのだが。 怒っているわけではないので、ご了解ください。 前回の最後に、ダナン在住が長い日本人の先輩との会話を記した。 厳しかったから、嫌いでした!…

厳しかったから、嫌いでした!(苦言編、その2)

7月1日に書いた前記事の中で、最後にこんなことを書いた。 ある学生、、、じゃなくて研修生が「ほかの日本人の先生は言いません。先生はずっと最初から言います。だから、私たちもよく考えます。ありがとうございます」 う〜ん、、、、、まあ、それはそうな…

高校野球の予選が始まる(122対0の思い出)

高校の期末試験シーズンが過ぎると、各地の高校野球の地区予選が佳境に入る。 僕は本格的に野球をやった経験はないのだけど、小学生のころからクラスで野球チームを作っていたし、大学時代の悪友とその仲間たちと草野球をやっていたことはある。ポジションは…

厳しかったから、嫌いでした!(苦言編、その1)

ダナンでの教え子たちが、EPAによる介護士候補者としてベトナムから来日して、間もなく1か月が経とうとしている。東京ネズミランドにほど近い研修センターでの滞在も、あと2か月。3か月の研修を終えると、全国各地の介護施設に就職していく。 というわけ…

厳しかったから、嫌いでした!(コム・ガー編)

先週の日曜日の話の続きである。 前回の話は、こちらから↓↓↓ 厳しかったから、嫌いでした!(迷子&再会編) - 努君的徒然草2014~shibasen.hatenablog.com 供された食事はなかなかよくできていて、まあ、EPAの規定もあって一定水準以上の食事が用意されてい…

厳しかったから、嫌いでした!(迷子&再会編)

6月21日の日曜日の話。総武線方面に行くとなると、地元の駅始発の成田エクスプレスが定番なのだが、この日は成田に行くわけではなく、途中で乗り換えなので、南武線の途中駅から快速で出かけた。風が強いことで有名な、某マリンスタジアムの近くの駅で降りる…

泣かれると弱いのよ(笑)

合格祝いで飲むのは嬉しい。 笑顔が良いよね。 さて、前回の記事で、最後に >追伸:泣くのは合格した時だよ(笑) と、書いた。 今朝、その生徒から電話がかかってきた。泣き声で。 「先生、某医科大学附属看護専門学校、繰り上げ合格の連絡をもらいました…

都立看護専門学校 合格発表

本日は、東京都立の看護専門学校の2次試験(面接)の合格発表の日。 数年ぶりに日本人の、そして受験生の指導に戻って、初めての入試シーズンが終盤戦に入っている。 午後から、以前に勤めていた私立高校の卒業生が相談に来る予定だったので出勤すると、既に…