読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

努君的徒然草2014~

元在ベトナム日本語教師で、看護医療系受験予備校講師の努くんの公式ブログ

日々の行動、活動や、思い出話。 日本語教育や国語教育のこと。 鉄道や駅弁の記録。 ベトナムのことなどなど。 徒然に記します。

「公文書」の現代文訳に挑む

1988年の春の話である。 3年も浪人して入学した大学で、偶然にも『南化本史記』の研究という大きな事業に巻き込まれた。まだ学問の右も左もわからない、多少漢文読解が得意だという程度の学部1年生である。後に指導教授となる水澤利忠博士が中心となった研究…

【走大黒天】走り廻って福を授ける大黒様と、「わかめ先輩」の思い出【七福神、その6】

昨日のUP記事では「旧道散歩」なのか「七福神めぐり」なのかわからない状況になってしまったのだが、「八王子・七福神めぐり」の続きである。 現在の位置関係は、こんな感じ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ①「甲州街道・陣馬街道の道標」、②「八王子千人同心屋敷跡の記念碑…

縄文の森~36年ぶりの椚田遺跡~

京王高尾線のめじろ台駅~、南にまっすぐ行ったところに、国の史跡として保存整備された「椚田遺跡公園」がある。ぽかぽか陽気の3連休だったので、午後から出かけてみた。公園として整備されてから一度だけ、悪友という名の親友の車で通りかかったことがある…

【新護弁財天】萌え寺は「諸芸上達」の辯才天だった【七福神、その3】

前回は寿老庵のいらっしゃる宗格院で、千人同心や石見土手など、八王子宿が形作られたころの歴史の足跡を垣間見た。近いうちに、「歴史散歩」に再訪しなければなるまい。 shibasen.hatenablog.com 今回は、【宗格院の寿老庵→了法寺の新護弁財天】である。 実…

【寿老尊】不老長寿の神様と、八王子の歴史がつまったお寺【七福神、その2】

前記事で、ブログとしては少し重い話題だったことを危惧していたのだが、思いがけず中学時代の仲間から連絡もあり、故人への供養にもなったかなと、思う。 さて、1月2日の「八王子七福神めぐり」の続きである。前回は、もともとの地元だった長房町の吉祥院…

【吉祥天】八王子七福神巡りは「八福神」から【七福神、その1】

僕の中で「七福神」と言えば「乃木坂46」である、、、なんでやねん(笑) AKB48の選抜上位メンバーがほぼ固定されていた初期のころ、不動の上位メンバー7人を「神セブン」と呼んでいたらしいのだが、、、、僕は不動のセンターだった人に興味がなかったので…

友からのお土産 ~朋友・Nくんへ~

先日(12月13日)の記事の中で「鼻がひくひくするってことがある。あるよねえ?なんとなく、こうなるんじゃないの?って思う、感じることが。」と書いた。 実際、facebookの「みんなで学ぼう、昔の八王子」の公開グループに投稿したら、中学時代の「科学教育…

長沼の煉瓦工場跡を探せ!(1)

自宅の近辺には、いくつか「廃鉄」、、、廃止された鉄道の痕跡がある。 自宅から。歩いてほんの7,8分。直ぐそこである。 見るからに、鉄道の高架橋の橋桁である。僕が小学校の低学年ぐらいまでは、手前にもう一脚あったのを覚えている。いつまであったの…

「そうだ、〝歩いて〟京都行こう!」(JR東海風)

毎日、少しの距離で散歩するのが日課になっているわけだが、、、、 歩いた距離を記録に残せないかな?と考えて、スマホアプリを検索してみた。それで見つけたのが、こちら。 「万歩計」なんだけど、お江戸・日本橋を出発して、東海道53次の宿場町を辿りなが…

43年前の幼稚園と、35年ぶりの友(船田遺跡編)

思いがけず話がずれてしまったのだが、散歩の話に戻る。 shibasen.hatenablog.com 前回の散歩の記事はこちら。↑ ↑ ↑ 地元市の川沿いに歩いて、ふと思い立って卒園した幼稚園へ。その後、入学した小学校の前にある「人形塚公園」まで来たところで、中学2年の…

「旧道散歩、、、ちょっと寄り道 その3」~北野駅・今昔物語~

一昨日から4本目の、「予約投稿」である。お蔵入り原稿の大放出祭りである(笑) 前回は、八王子の市内電車の話が、実は京王御陵線建設の路線決定に、微妙に関係しているという話を書いた。↓ ↓ ↓ shibasen.hatenablog.com 今回は、やっと御陵線の廃線跡に話…

「旧道散歩、、、ちょっと寄り道 その1」~廃線跡散歩してたら、旧道見つけた~

もう、2週前の日曜日だったか、、、、テレビで大学野球の早慶戦見てたら遅くなってしまった。そこで、近場で気になるところにお散歩した。 今回は「旧道散歩」ではない、、、、、つもりだった(笑) って書き出すと、このブログがしばらくお蔵入りだったこ…

貴重本と、オヤジの「へそくり?」、、、、1,500VND

最近、趣味と化している 「旧道散歩、、、ちょっと考察」シリーズ、、、歩くだけではなく「ちょっと考察」するわけだから裏付け調査も必要なわけで、最近時間を見つけて図書館に出向いたり、古本屋に立ち寄ったりすることも多い。 先日、地元の歴史系に強い…

旧道散歩、ちょっと考察 第陸(六)回 「野猿街道の終点」~八王子駅周辺編完結~

自宅近くの「小野路街道踏切」から歩き出して、ようやく「小野路道」の八王子の起終点までたどり着いた。 shibasen.hatenablog.com ところが、なんとも中途半端、、、、、というか、当時の八王子の入り口で終了しているので、八王子宿の中に入るまで追いかけ…

旧道散歩、ちょっと考察 第伍(五)回 「小野路道の八王子方起点はどこ?」の巻

そもそも、僕は車を運転しない。自動車免許すら持っていない。だから、道の名前のルール?、名付け方がいまいちわからない。 その結果、、、、 下の地図の★の位置に「野猿街道」の標識があるんだけど、、、写真の右手は「八王子駅南口ロータリー」、左手は「…

旧道散歩、ちょっと考察 第肆(四)回 「安産と子育ての神様 & 八王子ボーイスカウト誕生の地」

またまた更新の間が開いてしまった。旧道散歩シリーズの続きである。 前回の記事はこちら。 shibasen.hatenablog.com 自宅から前回の終着点まで旧道を歩いて戻るわけなのだが、途中の京王線と横浜線が並ぶ踏切で、今まで気づかなかったものを発見した。 「小…

旧道散歩、ちょっと考察 第参回 「新・旧道の合流区間は少しだけ」編 

9月15日にUPしたこのシリーズの第弐回で「野猿街道の旧道経由で歩いてみたら、八王子駅まで一番近道だった」と書いた。 shibasen.hatenablog.com そこで、あらためて古地図と現在の地図を照らし合わせてみたのだが、、、 「明治迅速図」(1886年完成)より。…

離合集散の駅と、甲子園の記憶

「八高線で通勤してるの?イメージできないなあ、、、」とは、僕を2回ベトナムへ派遣してくれたNPOの常務理事の言であるが、、、 八高線、文字通り東京・八王子と群馬の高崎を結ぶ路線であるが、八王子-高麗川(-川越線)の電化に伴って二分割され、八王…

旧道散歩、ちょっと考察 第壱回「発端」編

書きかけの続き物記事が滞っていいることは重々承知しているのだが、この「旧道散歩」は間違いなく、絶賛長期化覚悟のシリーズとなる。(きっぱり) 「僕は本当は考古学者になりたかったのだ!」という台詞は、このブログでも何度か使ってきたわけだが、別に…

〜なら、AかBがいいです。【その1、金沢編】

北陸新幹線が開業して、金沢が熱い。 「鉄」の僕としては新幹線の新線開業と言われれば血が騒ぐわけなのだが 「ひかりは西へ」の時代の印象が強くて、東北・上越新幹線の大宮開業ぐらいまでが追っかけの限界だった。 ひかりは西へ、、、、新幹線といえば「東…

「縄文のビーナス」と「昭和のビーナス」

何か、生活の転機に差し掛かった時に、ふと思い出す女神(ひと)がいる。 中学生の時に一緒に生徒会の役員をやった仲間で、実は幼稚園の同級生だったりもする。もちろん、長野のほうに嫁いでいて、最近は会うこともなかった。 さて、その日は4月の終わりのこ…