努君的徒然草2014~

元在ベトナム日本語教師で、看護医療系受験予備校講師の努くんの公式ブログ

日々の行動、活動や、思い出話。 日本語教育や国語教育のこと。 鉄道や駅弁の記録。 ベトナムのことなどなど。 徒然に記します。

貴重本と、オヤジの「へそくり?」、、、、1,500VND

最近、趣味と化している 「旧道散歩、、、ちょっと考察」シリーズ、、、歩くだけではなく「ちょっと考察」するわけだから裏付け調査も必要なわけで、最近時間を見つけて図書館に出向いたり、古本屋に立ち寄ったりすることも多い。 先日、地元の歴史系に強い…

百円紙幣が出てきたのだが、幻の200ドン札は何処へ?

「文化の日」でお休みですなあ、、、と思いつつ、原稿書きに飽きたので、 引っ越しの時に出てきた、子どものころ集めていた「切符コレクション」を眺めていた。 まあ、記念乗車券は近鉄関係と京王線が多く、下の方には旧国鉄時代の硬券が多く埋まっている。…

TV Tokyo 「高円寺下町純情さんぽ」~生麺ベトナムフォーとカツカレーの話~

「旧道散歩シリーズ」の番外編というわけでもないのだが、テレビで懐かしいお店が紹介されていたので、、、、いずれ近いうちに「散歩」に行きます(笑) テレビ東京の16時台、月~金の帯で「L4 You!」という情報番組をやっているのだが、29日(金)は「高円…

そうだ、今日は「女性の日」だ!

ベトナム赴任生活から帰国して、3年目に入った。 そろそろ当時の生活習慣とか、カレンダーとかの記憶が薄れてきているのだが、、、、 あ、本日10月20日は「ベトナムの女性の日」でしたね。 3月8日の「国際婦人デー」は世界各国共通のもので、お祝いし…

旧道散歩、ちょっと考察 第陸(六)回 「野猿街道の終点」~八王子駅周辺編完結~

自宅近くの「小野路街道踏切」から歩き出して、ようやく「小野路道」の八王子の起終点までたどり着いた。 shibasen.hatenablog.com ところが、なんとも中途半端、、、、、というか、当時の八王子の入り口で終了しているので、八王子宿の中に入るまで追いかけ…

旧道散歩、ちょっと考察 第伍(五)回 「小野路道の八王子方起点はどこ?」の巻

そもそも、僕は車を運転しない。自動車免許すら持っていない。だから、道の名前のルール?、名付け方がいまいちわからない。 その結果、、、、 下の地図の★の位置に「野猿街道」の標識があるんだけど、、、写真の右手は「八王子駅南口ロータリー」、左手は「…

『史記會注考證』 上海古籍出版が刊行したらしいぞ!

とうとう出たんですね。 『史記會注考證』の点校本(活字に起こした状態で印刷した本) Twitterで東方書店さんのツイートを見て、思わず「安価に手に入ることになったのは良いことだ」とリツイートしてしまったのだが、、、、33,048円か、、、、高いね(笑)…

ベトナム人看護師、黎明期の思い出

僕が「ベトナム人の看護学校受験生」の「国語の先生」に最初になったのは、1997年の9月だった。彼女たち3人は、日本の協同組合(現在は発展的にNPO法人になっている)が推進していたベトナム人看護師養成支援事業の2期生だった。 奉職していた予備校で、…

旧道散歩、ちょっと考察 第肆(四)回 「安産と子育ての神様 & 八王子ボーイスカウト誕生の地」

またまた更新の間が開いてしまった。旧道散歩シリーズの続きである。 前回の記事はこちら。 shibasen.hatenablog.com 自宅から前回の終着点まで旧道を歩いて戻るわけなのだが、途中の京王線と横浜線が並ぶ踏切で、今まで気づかなかったものを発見した。 「小…

旧道散歩、ちょっと考察 第参回 「新・旧道の合流区間は少しだけ」編 

9月15日にUPしたこのシリーズの第弐回で「野猿街道の旧道経由で歩いてみたら、八王子駅まで一番近道だった」と書いた。 shibasen.hatenablog.com そこで、あらためて古地図と現在の地図を照らし合わせてみたのだが、、、 「明治迅速図」(1886年完成)より。…

ベトナムの高齢化対策 ~今に始まったことじゃないんだけど~

ベトナムのローカルニュースなどを日本語に翻訳したサイト、ベトジョーの記事から。国連人口基金(UNFPA)とグローバルエイジング研究所(GAI)の共催で、高齢化対策のシンポジウムがハノイで行われたとのこと。 高齢化のスピードが世界最速である日本を抜いて、…

ああ、知らないんだね(笑)「義を見てせざるは勇なきなり」

いきなり、漫画の引用で恐縮である。 『おたんこナース』② 佐々木倫子著・原案 小林光恵(1996年・小学館)p114 「血を見てせざるは、勇なきなり」 僕の専門は(みんな忘れているかもしれないけれど)「漢文」であり(笑)この古典(文法)で書かれた一文の…

旧道散歩、ちょっと考察 第弐回「意外と近道」編

新居に引っ越す準備を始めて、ちょうど1年になる。半年近くにわたる長丁場の引っ越しでは、先輩知己に大変にお世話になった。 さて、引っ越してきて助かったのは、地元の中心駅である「八王子駅」までの距離が半分になったことだ。バス停は近いのだが意外と…

離合集散の駅と、甲子園の記憶

「八高線で通勤してるの?イメージできないなあ、、、」とは、僕を2回ベトナムへ派遣してくれたNPOの常務理事の言であるが、、、 八高線、文字通り東京・八王子と群馬の高崎を結ぶ路線であるが、八王子-高麗川(-川越線)の電化に伴って二分割され、八王…

恩師と「佐藤春夫と太宰治」の思い出

「太宰治が第2回芥川賞の選考委員である佐藤春夫に対して宛てた、芥川賞受賞を懇願する書簡が発見された」という記事を読んで、びっくりした。 文献学というか書誌学的な発見というのは、専門的に関係があるか、よほどマニアックな趣味嗜好がない限り「ふ~…

「介護の日本語」と「介護の心」は、難しいよね

どのように書き出そうかと戸惑いつつ、結局は単刀直入に書くのであるが、、、(笑) いや、笑うことではない。 最初にお断り。僕は日本の社会福祉法人に日本語教師として雇われたことはあるけれども、看護や福祉の専門家ではない。教え子の看護師や介護士は…

週末はベトナム三昧(日本語教育と、日本酒「越の一」と、ベトナム漢字字喃の話)

先週末は、久しぶりにベトナム関連の集まりや、講演会に参加した。 まずは土曜日の夕方から横浜で、ベトナム・ダナン赴任時代に知り合った日本語教師のMさんと、フエで日本酒「越の一」を造っているSさん(&お二人のお仲間たち)と一献。 MさんSさんと…

寝台特急「はやぶさ」の思い出

北海道へ行く「北斗星」が完全にその使命を終えた。 これで「♪上野発の夜行列車降りたときから~」の「上野発の夜行列車」はなくなっちゃったわけで、急行「八甲田」「津軽」「おが」などの「ミニ周遊券、自由席なら急行券不要」の恩恵で学生時代に楽しんで…

旧道散歩、ちょっと考察 第壱回「発端」編

書きかけの続き物記事が滞っていいることは重々承知しているのだが、この「旧道散歩」は間違いなく、絶賛長期化覚悟のシリーズとなる。(きっぱり) 「僕は本当は考古学者になりたかったのだ!」という台詞は、このブログでも何度か使ってきたわけだが、別に…

〜なら、AかBがいいです。【その1、金沢編】

北陸新幹線が開業して、金沢が熱い。 「鉄」の僕としては新幹線の新線開業と言われれば血が騒ぐわけなのだが 「ひかりは西へ」の時代の印象が強くて、東北・上越新幹線の大宮開業ぐらいまでが追っかけの限界だった。 ひかりは西へ、、、、新幹線といえば「東…

甲子園、雑感

高校野球の全国大会もベスト4が出そろい、今日は休養日で試合はなし。 元高校球児でもない僕が、高校野球に殊更に拘る必要もないのだが、自分ではできないプレーに対する憧れがないわけでもない。 でもでもでも、、、 今年の夏の甲子園大会、その全ての試合…

残念ながら、終戦でした

7月も下旬となり、猛暑の中、高校野球の地方予選も終盤戦。 まあ、応援する順位としては、、、、、 母校(3回戦負け) ↓ 母校の兄弟校(1回戦&準決勝でおしまい ↓ 母校(大学や大学院)の付属高校や系列校(あ、優勝か、、、) ↓ 行きたかった高校や大学の…

Ngày sinh nhật.〜来年は50代だね(笑)〜

昨日、もう一年経つと50歳になる、、、、という日を迎えた。 ベトナムで誕生日を迎えると、授業前の教室がこんなことになったり、、、 翌日にEPAの日本側交渉団が視察に来るってのに、授業後の昼食が大宴会になっちゃったり、 結局さあ、自分がケーキ食べた…

故人(とも)〜佳き日を迎える友へ〜

辞書を紐解くことは、おもしろい。 特に「漢語」「漢文」や「現代中国語」をルーツに持っている語彙で、日本語としての解釈が定着した語は、案外「へ〜」と思うような語義、字義にお目にかかることがある。 たとえば、日本語の国語辞典で「故人」という言葉…

負けちゃうとキツイよね

高校野球のネタの続きである。 仕事柄、日常的に高校生に触れることも多い。 ベトナムから帰ってきた直後に受け持った小論文のクラスは、全員が体育会系の部活動をしていた。野球、バドミントン、ハンドボール、軟式テニス、、、指示した課題には一所懸命取…

30年ぶりの勝利?(笑)

先日の記事にも書いたように、高校野球の地方予選が始まっている。 昨日、自宅からバスで行ける球場で2試合観戦してきた。 第一試合は、母校の初戦。もう何年も、勝った試合を見たことがない(笑) 僕が高校に入った年、まだ開校4年目の学校だったので、高体…

厳しかったから、嫌いでした!(苦言編、その3)なんでなのかな?

「苦言編」も3回目になった。お小言はさらっと終わらせて、ネチネチ言わないのが良いのはわかっているのだが。 怒っているわけではないので、ご了解ください。 前回の最後に、ダナン在住が長い日本人の先輩との会話を記した。 厳しかったから、嫌いでした!…

在庫処分なんだろうな、、、、、(スマホ編)

最近、嫌な気がしてたんだ。 突然勝手に再起動するし 、再起動にやたらと時間がかかるし。 案の定、再起動しても十数回に一度しか、起動しません状態になったのは、昨日の話。 一般的な携帯電話の機能以外にも、おサイフケータイ経由のEdy、ANAやVN(ベトナ…

厳しかったから、嫌いでした!(苦言編、その2)

7月1日に書いた前記事の中で、最後にこんなことを書いた。 ある学生、、、じゃなくて研修生が「ほかの日本人の先生は言いません。先生はずっと最初から言います。だから、私たちもよく考えます。ありがとうございます」 う〜ん、、、、、まあ、それはそうな…

大阪紀行2015初夏(4)さらばシウマイ弁当

大阪での伯父の法事紀行も最終回。 前回は、こちら ↓ ↓ ↓ ↓ 大阪紀行2015初夏(3)「近鉄電車で、はよ帰ろう」 - 努君的徒然草2014~shibasen.hatenablog.com 近鉄特急アーバンライナーで名古屋に到着。 もっと早い時間であれば、中央線経由(名古屋ー塩尻…

高校野球の予選が始まる(122対0の思い出)

高校の期末試験シーズンが過ぎると、各地の高校野球の地区予選が佳境に入る。 僕は本格的に野球をやった経験はないのだけど、小学生のころからクラスで野球チームを作っていたし、大学時代の悪友とその仲間たちと草野球をやっていたことはある。ポジションは…

大阪紀行2015初夏(3)「近鉄電車で、はよ帰ろう」

5月31日(日)の話である。 昨夜、格安航空会社の欠航で大回りして帰省してきた従弟妹も無事に到着し、伯父の法事も終えた。ちなみに、従弟たちの中では僕が長兄で、予定では祖父は間に合わなかったが、祖母にとっては初の曾孫が誕生するには、時間的には十…

大阪紀行2015初夏(2)「南海電車で早よ帰れ!」

伯父の三回忌の法事で、大阪へ出かけてから早くも一か月が経ってしまった。 大阪紀行2015初夏(1) - 努君的徒然草2014~shibasen.hatenablog.com 地元の駅前から出ているリムジンバスに乗って、読書しながら羽田空港に着いたのは、到着予定時刻の1時間前だ…

自転車に乗って〜6度目の七夕を前に〜

今年も、もうすぐ七夕。織姫と彦星がどこで逢うのかは知らないけれど、きっと天の川の両岸で手を振り合うのだろう。 その日は空梅雨の暑い日で、ちょうど高校の期末試験を採点していた日曜日の午後、僕を2回ベトナムへ派遣してくれたNPO法人の常任理事から…

最近のフォー・ガー事情(日本編)

日本でインスタントのフォー(ベトナムのうどんに似ているけど、似て非なるもの)を売っているのを、ときどき見かける。 でもでもでも、、、、なぜか、時期が一緒なんだよね。市場調査で、売れる時期とかあるのかしらん(笑) 僕は、辛いのがダメなんです。だ…

厳しかったから、嫌いでした!(苦言編、その1)

ダナンでの教え子たちが、EPAによる介護士候補者としてベトナムから来日して、間もなく1か月が経とうとしている。東京ネズミランドにほど近い研修センターでの滞在も、あと2か月。3か月の研修を終えると、全国各地の介護施設に就職していく。 というわけ…

「縄文のビーナス」と「昭和のビーナス」

何か、生活の転機に差し掛かった時に、ふと思い出す女神(ひと)がいる。 中学生の時に一緒に生徒会の役員をやった仲間で、実は幼稚園の同級生だったりもする。もちろん、長野のほうに嫁いでいて、最近は会うこともなかった。 さて、その日は4月の終わりのこ…

厳しかったから、嫌いでした!(コム・ガー編)

先週の日曜日の話の続きである。 前回の話は、こちらから↓↓↓ 厳しかったから、嫌いでした!(迷子&再会編) - 努君的徒然草2014~shibasen.hatenablog.com 供された食事はなかなかよくできていて、まあ、EPAの規定もあって一定水準以上の食事が用意されてい…

厳しかったから、嫌いでした!(迷子&再会編)

6月21日の日曜日の話。総武線方面に行くとなると、地元の駅始発の成田エクスプレスが定番なのだが、この日は成田に行くわけではなく、途中で乗り換えなので、南武線の途中駅から快速で出かけた。風が強いことで有名な、某マリンスタジアムの近くの駅で降りる…

あれ、映り込んでる(笑)

メインのパソコンの調子が悪くて、ご臨終かもしれない。さて、ダナンからの帰任直前に出会った、日本の大学生たちの自主制作映画のDVDが届いた。昨春のダナンでの、ベトナム編のクランクアップには立ち会うことができ、昨秋、大学の学園祭での上映会には行っ…

40年前の恩師からの葉書ーその3

続き物の記事ばかりで、いささか混乱中(笑) 40年前の恩師からの葉書ーその1 - 努君的徒然草2014~shibasen.hatenablog.com 40年前の恩師からの葉書ーその2 - 努君的徒然草2014~shibasen.hatenablog.com と言うわけで、数日ぶりに話を戻す。 当時の僕が、…

大阪紀行2015初夏(1)

週末は伯父の法事で、母の実家だった大阪へ遠征しました。 亡くなったのは僕がベトナムはダナンの大学に赴任していた時期で、今回が三回忌。さんざんお世話になったのに、葬儀の際は帰国できませんでした。その時の様子は、前ブログの記事として残っている。…

「舟を編む」、、、、、「辞書を編む」

書きかけで「続く」の記事が2本なのだが、、、、 今夜は早く帰ってきたので、昨日知った「中国語類義語辞典」がないかなと、地元の駅で駅ビルの本屋に寄った。 ありましたよ。 学部時代の現代中国語の恩師(と言っても、実は1コマだけですが)が中心になっ…

サイゴンでの悲劇いや、喜劇(「大人の事情」の真実)その1

facebookでは最近書いたのだが、先日、「大人の事情」で、ウインズが出来て駅前再開発と、経済発展に大成功し、我が町の市民に「だから言わんこっちゃない。某赤いカードのデパートが撤退したときに空いたツインビルにウインズを誘致しておけば…」と言わしめ…

40年前の恩師からの葉書ーその2

前記事からの続きです。 その先生は新卒で初担任と言うこともあって、同僚の先生方にもかわいがられていた様子。例えば、校長先生が下宿のアパートまで行って、棚を吊ってあげたとか。 何でそんなことまで知っているかというと、僕は結構ませたガキで、日曜…

40年前の恩師からの葉書ーその1

前記事で、不要なポスティングについて書いた。そのまま全部ゴミ袋に入れてしまおうかと、そんな勢いだったのだが(笑) その中に、クロネコヤマトの不在配達通知が混ざっていて、よく見ると、40年前の恩師の名前があった。 僕が小学校4年の時の担任の先生…

数日出かけてくると、郵便箱には、、、、、

自宅を数日離れて帰ってくると、いつも、いや、今回転居してから特に強く感じることがある。 どうしたって、郵便受けには投函された郵便物やら、ポスティングされたチラシやらがあふれることになる。以前、半年ぶりにベトナムから一時帰国したときのこと。こ…

もう一回引越し、なの?(笑)

帰国早々にこんな案内が届いていた。 自宅近くの交差点が、この計画道路と自宅前のバイパスの接点であることは認識していたし、ただでさえ交通量が多い自宅前のバイパスと(そのおかげで、新居は常に微妙に揺れているのだ)どのように交差されるのかと、疑問…

14ヶ月ぶりのベトナム紀行(1)

久しぶりに、ベトナムに行ってきました。 そして、これを機にブログを再開しようと思います。 しばらくは回顧録が中心になるかと。よろしくお願いいたします。

大阪紀行(1)

昨日、2日(日)は、亡き母の実家だった大阪の叔父のところへ。 父の介護期間や葬儀の際に、散々お世話になったので、挨拶に。 新横浜でシウマイ弁当を買い、嫁さん(予定)に写メを送ったところ 「車内がシュウマイ臭くなっちゃうでしょ!」と怒られ ('-'*…