努君的徒然草2014~

元在ベトナム日本語教師で、看護医療系受験予備校講師の努くんの公式ブログ

日々の行動、活動や、思い出話。 日本語教育や国語教育のこと。 鉄道や駅弁の記録。 ベトナムのことなどなど。 徒然に記します。

数日出かけてくると、郵便箱には、、、、、

自宅を数日離れて帰ってくると、いつも、いや、今回転居してから特に強く感じることがある。

どうしたって、郵便受けには投函された郵便物やら、ポスティングされたチラシやらがあふれることになる。以前、半年ぶりにベトナムから一時帰国したときのこと。この段階で既に、まだ存命だった親父は入院→介護施設と「転居」し、自宅は実質誰もいない状態。その転居の時期に僕はベトナムにいたので、郵便の転居届=転送願いは出していない。(あれ、海外にいるとネットでは出せないんだよね。ものすごく不便)僕の派遣元の方がベトナムへ来るときに用紙を持ってきてもらい、帰国後の投函による届け出を頼んだという経緯があった。

当然、集合住宅の一階にある郵便受けは一杯になり、配達担当の郵便局からは自治会に対して(正確に言うと、その公営住宅を「管理」する包括なんちゃらセンター経由で)苦情まで入っていた。自治会の役員の方の計らいで「入れないでください」と封鎖してあった。それで片付けたいのだが、いつの間にやら鍵が換えられていて開けることができず、つまり片付けられず、そのままベトナムへ戻り、結果的に帰国後に対応することになった。でも、中身の大半は、必要のないチラシだったんだよね。

ま、その時に、「0000」という鍵の番号に気づかずに業者を呼び、2万何千円か払ったという失態は、横に置く(笑)

それと、契約者である親父が死亡した場合、子ども(僕)には住む権利はないから出て行けって、そのなんとかいう法律もどうかと思うぜって話も、横に置く(笑)

で、何が言いたいかって言うと、

f:id:shibasenjin2007:20150519093413j:plain

これは、今回ほんの5日間ベトナムへ行って、帰ってきた時に詰まっていたものの一部。

あのさ、まあ都心に比べたら安いのはわかりますよ。でもね、うちのアパートってどう見たって安アパートだよね。常に微妙に揺れてるから、地震なのか大型車両(バイパス沿い何でね)の通過の振動なのかわからないぐらいのね。

そんな安アパートに、何千万もする不動産のチラシをポスティングしたところで、どうなるってのさ?(笑)

そもそも、僕だって半年もかけて、やっとの思いで引越したアパートなんだから。

大学の先輩で、関西の方でポスティング事業を立ち上げている方がいて、「ポスティングの効果が重要」とのこと(会ったことがないので、mixi経由の情報だが)

ピザとかKFなんとかの宅配チラシはとってありますよ。必要なときもあると思うから。でもね、不動産のチラシは入れても無駄だよ。ちょっと考えればわかると思う。

その辺の事情を、もしお会いする機会があれば先輩には聞いてみたいなと。予定枚数配ればお仕事完了なのか?、委託業者さんの費用対効果が問題なのか?と。

 

さて、本当はこんなことを長々と書く気はなかった。

実は2枚の「不在配達届け」が入っていて、そのうちの1枚は昨日のうちに再配達してもらった。本当は、そのことが書きたかったのだが、次回に譲る。

で、今はそのもう1枚の再配達を待っているところ。そして、できれば早く出かけたいのよ。この辺だと、電車に乗ってモノレールに乗り換えて小一時間行かないと店舗がない、世界標準の銀行(バンク)なぜそこに行かなければならないのかも、いずれ書かねばならないだろう(笑)

あと、今困っているのは、この安アパートの玄関。呼び鈴がないのと、ノックの音が聞こえにくい。玄関の近くで片付けしていて、何となく察するしかないんだよね(笑)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村