読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

努君的徒然草2014~

元在ベトナム日本語教師で、看護医療系受験予備校講師の努くんの公式ブログ

日々の行動、活動や、思い出話。 日本語教育や国語教育のこと。 鉄道や駅弁の記録。 ベトナムのことなどなど。 徒然に記します。

厳しかったから、嫌いでした!(コム・ガー編)

EPA ベトナム 教師生活 遠征

先週の日曜日の話の続きである。

前回の話は、こちらから↓↓↓ 

shibasen.hatenablog.com

 供された食事はなかなかよくできていて、まあ、EPAの規定もあって一定水準以上の食事が用意されているのだろうけど、ボリュームたっぷりだった。

主菜にサラダ、スープか味噌汁、パンかご飯かが選べるようになっていて、主菜も2種類用意されていた。ご飯もパンも、好みの量を自分で取ることができる。さらに、デザートも一品選べる。

 写真を撮ることは自重した(部外者ですからね)のだが、学生たちとの写真にチラッと写っている。これは、、、

f:id:shibasenjin2007:20150625014904j:plain

これは コム・ガーです。

僕はベトナムの食材で美味しいものとして、まあ、あくまでも僕の主観ですが、「鶏肉」「卵」「ジャガイモ」がベスト・スリー。ダナンへ行ってからは、更に「烏賊」が加わり、番外編として「山羊肉」「雷魚」と。

ハノイ赴任時代は、学校の校門脇の屋台で毎晩「チャオ・ガー」(鶏粥)を食べていたし、近所のビアホイで食べる、鶏もも肉の網焼きも好きだった。

要するに、ベトナムの鶏肉大好きなのだけど、、、まさかベトナムの学生との再会で、鶏肉のメニューが出てくるとは!

思わず、「これはコム・ガーだね」と声を出してしまうと、学生たちも、、、じゃなかった、研修生たちも「はい!」と嬉しそう。

この時期、この研修センターには150人以上のベトナム人が研修中なわけで、センター側の配慮が窺えますね。

ご飯の上にこの肉料理を載せて食べだしたら、それこそ正真正銘の「コム・ガー」になるわけだけど、さすがにそんな食べ方はみんなしてなかったな(笑)

ベトナム人看護師養成支援事業のころは、代々木のオリセン(オリンピック記念青少年センター)を使っていたけれど、あそこの食堂は味気なくて、毎日食べていると飽きる。学生たちもみんな食べなくなって、カップラーメン三昧。予算的には助かる部分もあるんだけど、それ以前の問題として、「やせる、集中力がなくなる、ホームシックが始まる」と、看護学校受験期間中だというのに、負のスパイラルに陥るんですな。その点ここの食事は、僕が食べても美味しく感じるし、研修生たちもよく食べている様子で、よかった。

 

食事をしながらも彼女たちとの語らいは続くのだが、、、、

どうも会った直後から気になって仕方がないことがある。このことについては、次回「苦言編」で述べることにして、、、、次回に続く。

 ★★★★★★★★★★★★★★★★

 よかったらポチッとお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村