読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

努君的徒然草2014~

元在ベトナム日本語教師で、看護医療系受験予備校講師の努くんの公式ブログ

日々の行動、活動や、思い出話。 日本語教育や国語教育のこと。 鉄道や駅弁の記録。 ベトナムのことなどなど。 徒然に記します。

自転車に乗って〜6度目の七夕を前に〜

今年も、もうすぐ七夕。織姫と彦星がどこで逢うのかは知らないけれど、きっと天の川の両岸で手を振り合うのだろう。

その日は空梅雨の暑い日で、ちょうど高校の期末試験を採点していた日曜日の午後、僕を2回ベトナムへ派遣してくれたNPO法人の常任理事から、「千葉大の大学病院の個室に入院しているから、会いに行ってほしい」と電話があった。具合が悪いことは知っていたから、すべてを悟った僕は「ダメなの?」「うん」短い会話だった。

まだ元気だった親父に、斯様な事情なので出かけてくると告げると、一瞬顔を歪めて、「お見舞いに」と小遣いをくれた。

 面会謝絶の札がかかっていたけれど、ナースステーションで事情を話していると、偶然奥様が病室から出ていらして、満面の笑みを浮かべて招き入れてくださった。

相変わらず夢みたいな話を語る彼の人は、夢みたいな話に乗っかる僕に託すように、ああしてこうしてと、夢を語っていた。

f:id:shibasenjin2007:20150705234117j:plain

 この墓石は、遺言なのかね?(笑)

「事務的なことはNさん(NPOの常任理事)、教育のことは陣内くんにまかせるからね」これが僕にとっての遺言になった。

千葉の若い人たちの音楽活動を支えてもいた彼の人の、「音楽葬」とでも言うようなユニークな葬儀が行われたのは、その日から何日も経っていなかった。

その、ちょうど1年後。夢の中で彼の人が「ほらね、僕が言ったとおりになったでしょ?」と、微笑みながら語りかけてくれた。そして、その日、「ダナンへ行ってほしい」と、Nさんから赴任指令がでたのだった。

d.hatena.ne.jp

 偶然の用事でダナンへ出張だったNさんと献杯したこともあったけど、そうか、もう2年前の話か。ダナンは遠くになりにけり。

さて、土曜日の話である。

天気図とにらめっこして、土曜と日曜の予定をひっくり返して、土曜の朝から千葉へ向かった。

f:id:shibasenjin2007:20150705232140j:plain

 土日祭日のグリーン車って、安いので、客層がいつもと違うんだよね。マナー悪い(笑)帰りの品川で乗ってきた若い兄ちゃんなんか、鼻歌まじりで、途中から踊りだしたので、降りるときにグリーンアテンダントのお姉ちゃんに「挙動不審なのがいるよ」と通報した。例の「事件」のこともあるのでね。

 去年は千葉都市モノレールに乗り換えて、タクシーで行ったから割と簡単にたどり着けたのだけど、今回はバスで行ったところ、、、、、、、

f:id:shibasenjin2007:20150705232301j:plain

 広いのよ、ここ。

記憶を辿って探したんだけど、、、1時間以上さまよって、結局、管理事務所で手続きして教えていただきました。個人情報ってこともあって、簡単には教えてくれないんだけど、「亡くなったのは6年前の七夕」ってのが決定打となり、、、

f:id:shibasenjin2007:20150705232723j:plain

 自転車も貸していただけました。

自転車、何年振りだろう。よく乗れたな(笑)


君の自転車 槇原敬之 歌詞付き - YouTube

学生時代、自転車に乗ってこの曲を鼻歌歌いながらバイトに行ったな(笑)

f:id:shibasenjin2007:20150705232431j:plain

 去年は彼の人の地元、熊本の焼酎をお供えしたんだけど、今年は僕の地元のお酒にしました、一口だけご相伴して献杯。

別府さん、まだまだ夢の続きを追っかけていきますよ。

また来年、会いに来ます。

ベトナム人看護師養成支援事業のみんなや、EPAの外国人看護師、介護士のことをいつまでも見守っていてくださいよ!

  ★★★★★★★★★★★★★★★★

 よかったらポチッとお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村