読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

努君的徒然草2014~

元在ベトナム日本語教師で、看護医療系受験予備校講師の努くんの公式ブログ

日々の行動、活動や、思い出話。 日本語教育や国語教育のこと。 鉄道や駅弁の記録。 ベトナムのことなどなど。 徒然に記します。

旧道散歩、ちょっと考察 第参回 「新・旧道の合流区間は少しだけ」編 

 9月15日にUPしたこのシリーズの第弐回で「野猿街道の旧道経由で歩いてみたら、八王子駅まで一番近道だった」と書いた。 

shibasen.hatenablog.com

 そこで、あらためて古地図と現在の地図を照らし合わせてみたのだが、、、 

f:id:shibasenjin2007:20150918003654j:plain

 「明治迅速図」(1886年完成)より。この地図は、時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」((C)谷 謙二)により作成したものです。

中央、やや左上の印が、現在のJR中央線、八王子駅の位置である。八王子駅の開業は1889年(明治22年)だが、この地形図は作成に10年かかっているため、鉄道関係の工事区間もわからない。まあ、ほとんどが「田」「畑」で道沿いに民家がチラホラ。ちなみに、我が家は右したの「野」(北野村の野)の字の辺りである。 

続いて、八王子駅開業後の地形図である。

f:id:shibasenjin2007:20150918003759j:plain

 「八王子」(1906年・明治39年測図)の地形図より。この地図は、時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」((C)谷 謙二)により作成したものです。

中央線だけでなく、現在のJR横浜線も開通しているが、旧道そのものは原則的に移設されていない。ただ、八王子駅の西側から北口に抜けていた道はなくなっている。京王線は、まだですね。

その後は、八王子駅南側の区画整理、再開発が何度かあるのだが、今回は八王子駅手前までの旧道が近道って話なので、次回以降に譲って、、、、

 

現在の「新道」と「旧道」の対比である。

f:id:shibasenjin2007:20150918003852j:plain

 この地図は「Yahoo!地図」を参考に作成しました。

実は、自宅から「旧道」っぽい道を辿って歩いてみて、帰宅後に地図を眺めた結果を、上の2枚を含めた何枚もの古地図をみて、「此路は間違いなく旧道ですな」と言う道を赤で、後から付け替えられた「新道」 を青で塗ってみたものである。

 

あれ?ほとんど「旧道」だけで八王子駅の近くまで行ける!かぶってない!(笑)

 

f:id:shibasenjin2007:20150918003549j:plain

 この地図が上の写真を拡大して作ったものである。右側の二本の線が鉄道。右が京王線、左が横浜線。この二路線を二つの並んだ踏切がある。実は、この踏切まで自宅から5分とかからない。

f:id:shibasenjin2007:20150819173153j:plain

横浜線と京王線を同時に撮りたくて粘ったんですがね(笑)奥に見える高架橋が、「新道」である。

踏切を越えると、「旧道」である小路は、緩やかな坂を上っていく。地図上では横浜線が八王子からぐるっと右旋回しながら京王線に寄り添い、そのままぐるっと回りながら片倉(横浜方面に向かう次の駅)に向かう理由が、この坂にあるんですね。

f:id:shibasenjin2007:20150819174640j:plain

 この写真、「新道」の橋から見た風景。右は横浜線で片倉(横浜)方面。左は京王線で北野(新宿)方面に向かうには、、、、両側の「台地」に挟まれた谷を目指して両線が「離合集散」していたわけやね。先日書いた「東飯能駅」は市街地の遠回りだったけど、似たような理由。地図で見るとこうなる。

f:id:shibasenjin2007:20150918030043j:plain

こうやって見ると、京王高尾線も「台地」の南側に上っており、横浜線は多摩丘陵と片倉城址公園の山との間を縫うように進んでいるのが、今更ながらわかるなあ、、、この件は、このシリーズのずっと後の「絹の道」編で触れることになるだろう。

 

さて、緩やかな坂の小路は、今でこそ住宅地なんだけど、当時は桑畑の農道も兼ねてたんじゃないのかなあ?

「新道」の裏路地である「旧道」を歩いて行くと、六万坊のバス停辺りを過ぎたところで、お地蔵さんを発見。道祖神じゃないのかな?

f:id:shibasenjin2007:20150819173609j:plain

 詳しいことはわからないけど、お参りされている様ですね。この辺りの古老にお話を聞けば、、、、なんて思ったけど、自分が高校時代だったらね(笑)

この「道祖神」(あえて道祖神(笑))を越えて直ぐに、「新道」との合流地点にでる。

f:id:shibasenjin2007:20150819173829j:plain

 左の細い道が、今上ってきた「旧道」である。道に傾斜があって、やや下がっているのがわかる。

 

今回は、ここまで。

最近天気が悪いので、この先(八王子方面)の写真がないのだ(笑)

★★★★★★★★★★★★★★

ブログランキングに参加しています

よかったらポチッとお願いします

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村