読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

努君的徒然草2014~

元在ベトナム日本語教師で、看護医療系受験予備校講師の努くんの公式ブログ

日々の行動、活動や、思い出話。 日本語教育や国語教育のこと。 鉄道や駅弁の記録。 ベトナムのことなどなど。 徒然に記します。

百円紙幣が出てきたのだが、幻の200ドン札は何処へ?

「文化の日」でお休みですなあ、、、と思いつつ、原稿書きに飽きたので、 

引っ越しの時に出てきた、子どものころ集めていた「切符コレクション」を眺めていた。

f:id:shibasenjin2007:20150922141122j:plain

 まあ、記念乗車券は近鉄関係と京王線が多く、下の方には旧国鉄時代の硬券が多く埋まっている。ここ25年分ぐらいは別の箱に入ってるんだけど、いちど整理しないとね。

 

さて、本日のお題は、、、こちら。

f:id:shibasenjin2007:20151103154308j:plain

 百円札が出てきた。肖像画は板垣退助なんですねえ。

f:id:shibasenjin2007:20151103162523j:plain

 裏は国会議事堂か。透かしも辛うじて入っているけど、現代の紙幣に比べると、、、、むしろ今でも流通している、ベトナムの旧型紙幣に近い感触かな。

ちょっとググってみると、このタイプの百円札が発行されたのは1953年(昭和28年)のこと。1966年8月26日の閣議決定で「廃止」が決まり、今流通している百円硬貨(白銅貨)が登場したと、、、、ふむふむ。僕が生まれた1か月と1週間で廃止が決定したのね。流通停止は1974年(昭和49年)に発行停止、、、、長嶋茂雄現役引退の年なんやね。

まあ、自分で使った記憶はないなあ。500円札は記憶あるし、500円硬貨の登場は高校入学直後で、オフクロが郵便局に並んで交換してきたのでよく覚えてる。

 

それで、、、ふと気づいたのが「記番号」

f:id:shibasenjin2007:20151103155631j:plain

VNかい!(笑)

あ、ベトナム(Viet Nam)のことを省略してVNと呼ぶこともあるし、ベトナム航空のIATAコードデータもVNなんですな。

それで、この百円紙幣発行以降の記番号の付け方ルールは

AA000001から始まってAA000002,,,,,,,,,,,AA900000の次がAB000001なんだとさ。で、最後がZZ900000で、それ以上発行される場合は印刷色を変えると。知らなんだ(笑)

まあいいや、ですからVN594800なので、かなり遅い時期に発行されたんでしょうね。

それで、末尾のBは何かなと思って調べてみると、、、東京・北区にあった(旧)大蔵省印刷局滝野川工場(現在の独立行政法人国立印刷局東京工場)で印刷されたということらしい。

滝野川って、、、、我が恩師水澤利忠博士の東京の居宅があったところじゃないですか。まあ、滝野川は広いですからね、、、、と思ったら、住所は西ヶ原になるんですね。飛鳥山公園の隣。ふむむむ、大学院生時代に都電で近くを通ってました(笑)

 

ふ~ん。偶然出てきた百円札でしたが、僕的にはオモシロかった。ちなみに、現在は既に流通が停まっていて、流通可能な最低額紙幣は500円札になっているとのこと。

 

そこで思い出したんだけど、ベトナムの紙幣も、、、、いい加減デノミしろよな(笑)

流通している最低額紙幣って、いくらなんだろう?

ハノイに赴任した2000年の段階で、200ドン札を持っていたら「珍しいです~」と学生に言われ、それなら記念にとキリ吹きかけて皺を伸ばして、本だったか辞書だったかに挟んでおいたのだけど、、、、、どこに行ったかな?貴重なんだろうな。

ハノイの日系企業駐在の先輩に「珍しいでしょ?」と100ドン札を見せて頂いたこともある。。懐かしいな。

今、僕のベトナム用の財布に入っている最低額紙幣は500ドン。現地生活では手にしたけど、今となってはまず見ない。200ドン硬貨、500ドン硬貨は持ってるけどね。

スーパーのレジでは飴で代用だし(笑)

いつの間にか消滅した幻の1000000ドン札とか、登場時に「よかったね~」と財布が薄くなるのを喜んだ旧5万ドン札とか、今でも流通している5千ドン札と色がそっくりで見分けにくかった旧2万ドン札とか、、、、、とっておけばよかったかなと、懐かしく思ったりもする。

おしまい。 

★★★★★★★★★★★★★★

 

ブログランキングに参加しています

よかったらポチッとお願いします

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ