読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

努君的徒然草2014~

元在ベトナム日本語教師で、看護医療系受験予備校講師の努くんの公式ブログ

日々の行動、活動や、思い出話。 日本語教育や国語教育のこと。 鉄道や駅弁の記録。 ベトナムのことなどなど。 徒然に記します。

「旧道散歩、、、ちょっと寄り道 その3」~北野駅・今昔物語~

一昨日から4本目の、「予約投稿」である。お蔵入り原稿の大放出祭りである(笑) 

前回は、八王子の市内電車の話が、実は京王御陵線建設の路線決定に、微妙に関係しているという話を書いた。↓ ↓ ↓ 

shibasen.hatenablog.com

今回は、やっと御陵線の廃線跡に話を戻す、、、、つもりである(笑)

f:id:shibasenjin2007:20151116102424j:plain

前記事でも紹介した『八王子 長沼町。北野町わが街』(清水正之著・1987年)に、昭和10年頃の北野駅の写真が載っている。1935年だから、御陵線の開業から4年後である。

当時の京王線は断続的に延伸、移設、改軌(線路の幅を変更して、統一すること)や、複線化を繰り返しており、府中ー東八王子の改軌が終わった翌年に、新宿追分(現在の新宿)ー東八王子の直通運転が始まったのは1928年(昭和3年)のことである。

そして、関戸(現在の聖蹟桜ヶ丘)ー北野が複線化されたのは翌1929年。新宿ー北野間が複線でつながったのが1964年(1964年)の話。実は、その後も長い間、北野が複線区間の終点で、北野から八王子までの複線化が実現するのは1970年(昭和45年)まで待たなければならない。特急の運転開始が1963年(昭和38年)なので、単線区間を残して特急走らせていたことになりますな。

そ、そうか、、、、「新宿まで30分。早くて安い京王線で!」って地下化前の(旧)京王八王子駅の看板に書いたあったけど、、、、複線化完成で実現したんやね。

ちなみに僕の記憶の中の北野駅のころ、、、中学2年のころ(1980年ごろ)の運行ダイヤは、京王八王子始発が特急・各駅停車共に日中は20分ヘッドだった。

 

さて、北野駅である。

写真を見ると既に複線化され、御陵線用の番線(右端=南端)も存在している。御陵線は単線で開業しているので、駅構内は3線あったことがわかる。僕の記憶の中の、、、、中2のころの北野駅もこのような感じの駅のままで、下り線ホーム(写真右)の新宿寄りの半分はは、木造の延長ホームだった。つまり、この写真の北野駅のまま、高架化完成の1992年(平成4年)まで2面3線式のままだったことになる。

ただ、オモシロいのが、2面2線に御陵線の3線目を下りホームに入れた結果である。この写真を見る限り、まっすぐ御陵線に向かわずに、一旦は八王子方面の線路に入れてから、御陵線は分岐している。イメージとして、この写真のころの配線図を作ってみると、、、、

f:id:shibasenjin2007:20151117003940j:plain

① 北野駅、北口駅舎  ② 構内踏切   ③ 上り線ホーム  ④ 下り線ホーム

⑤ おそらく、小野路道(あくまでも野猿街道の旧道)の踏切があった位置

これ、あくまでも僕の推測なんだけど、新宿方面への直通を念頭に配線したんでしょうね。そして、この配線が現在の北野駅の複雑な配線への布石となる。

というのは、、、、この配線を前提に京王八王子方面への複線化と、ホームの延長が行われたわけ。

f:id:shibasenjin2007:20151117022155j:plain

上の御陵線開業直後の配線を基準に考えると、駅舎(八王子よりに移動)、構内踏切(八王子よりに移動)、上り線ホーム、新宿方面に延長した上り線ホーム、下り線ホーム(上の図の④)新宿方面に延長した、木造仮設の下り線ホーム、高尾方面に延長した高尾線ホーム。八王子方面ホームより、やや高くなっていた。この辺りに南口改札があったような気がする。北口バスターミナル、南口バスターミナル、野猿街道の踏切。上の図の⑤の辺りまでホームが延長されたと言うことだ。

【お断り】縮図がメチャクチャなのはご愛敬と言うことで、ご勘弁ください。あああ、③も八王子方面に延長されてますから~

で、高架工事が完成し、現在はどうなっているかと、、、、

f:id:shibasenjin2007:20151117024859j:plain

この頃の長沼駅・北野駅周辺の連続高架化計画は、京王の改革の中でも大工事、、、、今となっては「調布駅付近連続立体交差事業」つまり、調布駅の地下二層構造化という大難関工事(2014年完成)の方がねえ、、、、でも、大きな工事だったわけなのだ。

だから、、、ネットで検索してみると、その前後の写真等を見ることができる。同好の鉄道趣味の方々の財産でもある。だから、それを拝借するのは僕としては反則なので、また、あくまでも「思い出の保存」という意味もあるので、、、、突然、現代に飛ぶのだ!

f:id:shibasenjin2007:20151105145548j:plain

つい最近撮影した、北野駅下り線ホーム西端から左が高尾線方面、右が八王子方面。

この写真では見にくいのだが、

f:id:shibasenjin2007:20151105145523j:plain

上り線も島式2線のホームになっており、2面4線の駅に変貌を遂げている。

要するに、「ホーム2面、4線(4番線)、3方面(新宿・高尾・八王子)の平面交差」なんですな。この駅。

えっと、近鉄の大和西大寺駅(奈良県奈良市)の「ホーム3面、5線(番線としては6番線ある)、4方面(奈良線大阪難波方面・京都線・奈良線近鉄奈良方面・橿原線)の平面交差」の方が「エライね・スゴいね」」というご意見は、近鉄ファンで何度も利用している僕は百も承知の話なので、、、、スルーして頂きたい(笑)

そういう意味では、「3面・2線(ホーム3面で2本の線路を挟み込む)で乗車位置をずらすことで、無理やり4番線作って、、、、何方面だ?とりあえず5方面(各出発地から名古屋に集まってきて、名古屋を過ぎるとまた各目的地に向けて分かれていく)」の方がエライというのも、見たことあるからわかるけど、平面交差はしてませんから(笑)でも、あの名古屋駅の朝のラッシュ時の運用は神業だと思う。

さらにだ、京王線の調布駅も3方面だけど、二重構造の地下化によって平面交差ではありませんから~、、、、、地上時代は調布もスゴかったね。でも、今の北野は保安機器格納庫も入れれば、4方面ですから(笑)

 

と言うわけで、今回の結論である。

よく聞く話として、「北野の配線はおかしい。」というのがある。御説ごもっともなんです。はい。でもね、、、

「なんで八王子方・高尾方からの上り線が同時進入できるように配線しなかったんだ!」とか言われるけど、あれは結局、方面別でホーム分けたら(1、2番線を高尾線、3,4番線を八王子方面かな)乗り換えに不便。新宿方で4線を2線にまとめても、本線上で駅への進入待ちで、ダイヤ乱れたら渋滞しちゃうかもだし(笑)仮に複々線にして新宿方面に伸ばす余裕はないだろうし、どこかで立体交差させるか、高幡不動あたりで平面交差させるかだから、同じこと。

「高尾山口ー北野・京王八王子ー北野の区間運転列車を、一旦新宿方に引き上げさせないと下り線折り返し運転できないような配線にするんだ」とかもよく聞くけど、同じ理由。優等列車を先発させて、空いた本線をちょっと借用するだけだから、影響はほぼ無いでしょ。あれ、新宿方への引き上げは構内信号じゃなく、出発信号なんだよね。、、、、まあ、確かに不便な配線なんだけど、致し方ないというか、苦肉の策なんだと思いますよ。

 

でもね、僕は「御陵線開業時の、京王の意地」が発端なんだと思うんですよ。あくまでも、高尾線方面から新宿方面への直通運転にこだわる!

だから、一時期、新宿に直通する上りの特急・準特急を基本的に高尾山口発着にして、京王八王子からは一駅だけの折り返し電車で北野乗り継ぎのダイヤを組んでいた。そのために、北野に停まる準特急を新設したんじゃないの?

まあ、今となっては特急も全列車が北野に停車してますがね(笑)

 

最後にひと言。

下り線は、1番線(南端)が高尾線、2番線が京王八王子行き固定になっている。

1番線が高尾行きってのが、御陵線からの伝統のホームなんだろうし、基本的に2方面同時発着なのは、見ていて圧巻である。うん。

 

えっ?どこが廃線跡散歩なのかって?

次回から。自戒の念を込めて(笑)

★★★★★★★★★★★★★★

ブログランキングに参加しています

よかったらポチッとお願いします

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 八王子情報へ