努君的徒然草2014~

元在ベトナム日本語教師で、看護医療系受験予備校講師の努くんの公式ブログ

日々の行動、活動や、思い出話。 日本語教育や国語教育のこと。 鉄道や駅弁の記録。 ベトナムのことなどなど。 徒然に記します。

秋の終わり~紺碧の空~

【訂正、修正しました】 

秋も深まってくると、羨ましいなと思うことがある。

自分も大学までバドミントンをやっていたので、またその後も何年も草野球をやっていたので、もうこの時期になると怪我が怖いので「また春になったらね」となるんだけれども、サッカーやアメフトや、アイスホッケーやラグビーなどは、ここからが佳境なんだよね。

大学スポーツの秋は、最終戦が終わった瞬間に4年生の引退なので、見てる方もやっている方も感傷的になることがすくなくない。最後の試合って、勝っても負けても、その内容まで鮮明に覚えているものだ。

自分の大学は教員養成系の老舗大学なので、特にスポーツが強いってことはないのだけど、軟式野球が東都大学野球の優勝常連校で、教育系大学のラグビー全国大会で何度も優勝したりといった記憶がある。あ、ずいぶん昔の女子マラソンのオリンピック選手が卒業生だったらしいが、、、よくは知らない。

大学・学部6年目の秋に、我が恩師・水澤博士の鶴の一声、、、、「キミね、早稲田行きなさい」の一声で、都の西北にある大学の大学院を受験することになった。そして、恩師の教え子であるという恩師に「中国語ではなく、英語で受けなさい」と勧められたわけなのだが、本音で言うと、、、、「英語受験で早稲田に受かるなら、学部から早稲田に入ってますから~」であった(笑)

早稲田の文学研究科入試の中国語が、異様に採点厳しいのは有名ですから~(笑)

まあ、予定通り恩師の弟子であるところの恩師が出講されていた某仏教系大学の大学院へ進んだわけだけど、まあ、都の西北にある大学での2年間の研究生生活は充実していた。

いざ、受験するとなったときは東京六大学野球秋のリーグ戦の終盤で、明治が早稲田に勝つと優勝って日に、「今日で明治を応援するのはおしまい」って思いつつ、神宮に見に行った。結局、明治側の1塁側から少しずつ早稲田側の三塁側に移動して。引き分けだったけど早稲田の応援歌「紺碧の空」に感動した(笑)

そんな経緯で大学スポーツはいつの間にやら早稲田ファンになったのだけど、、、、

f:id:shibasenjin2007:20150614153251j:plain

優勝の瞬間を生で目撃したのは、今年の春の全日本大学選手権の硬式野球(流通経済大に逆転勝ち)と

f:id:shibasenjin2007:20151108190221j:plain

f:id:shibasenjin2007:20151108191257j:plain

 フェニックス(日大)に勝ったので、トマホークス(法政)に勝ったら優勝じゃん!と思って横浜まで出かけたこの秋のアメフトのみ(笑)

今年、2回も優勝の「紺碧の空」歌っちゃいましたよ。

 

ただし、、、、最終節の早慶戦には負けた。イヤな気がしたんだよね。実際、ディフェンスは最強だと思う。でも、オフェンスが弱すぎる。「甲子園ボウルは無理かな?」

西日本王者との大学日本一決定戦、甲子園ボウル。一度見に行きたいんだけどねえ。

とりあえず、今日の甲子園ボウルは、テレビ観戦する気満々だった。もし立命館に勝てたら、1月3日のライスボウル、、、、、東京スーパーボウル、、、は昔の言い方だ、ジャパンXボウルの勝者、社会人王者との日本一決定戦のゴンドラ席(東京ドームのあの席は、アメフト見るには最適)のチケットとる気満々だったのだけど、、、、

www.nikkansports.com

 負けか~。。。。。。アメフトと、アイスホッケーは、残り数秒でも点が入る。最後の最後までわからない。う~ん、、、、FG外れて負けか~。。。。

インパルス(パナソニック)対ビックベアーズ(早稲田)のライスボウル見たかったな。

 

って言うかさ~、、、、なんで今日の甲子園ボウル、テレビ中継なかったの?

勝っても負けても最後のワンプレーのFG,見たかった。 

NHKのサンデースポーツでも、一切報道無しって、どうゆうこと?

【以下、訂正】

BSでは放送していたみたいですね。引っ越してからBS見られない。残念。

NHKのサンデースポーツでも、最後の最後にホンの数十秒だけ、、、、最後のFGが外れて終了。これは、、、誰のせいでもないな。50ヤード越のFGなんて、簡単には決まらない。

良い試合、甲子園で見たかった。

立命館には、ライスで勝って欲しい。


第70回甲子園ボウル 立命館勝利の瞬間

★★★★★★★★★★★★★★

ブログランキングに参加しています

よかったらポチッとお願いします

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ