読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

努君的徒然草2014~

元在ベトナム日本語教師で、看護医療系受験予備校講師の努くんの公式ブログ

日々の行動、活動や、思い出話。 日本語教育や国語教育のこと。 鉄道や駅弁の記録。 ベトナムのことなどなど。 徒然に記します。

銀杏祭りと入間基地カレーと恋のぼんちシート(笑)~43年前の幼稚園と、35年ぶりの友(科学センター編・最終章)~

八王子 散策・散歩 自嘲気味 追憶 食事 ベトナム ダナン

 地元の八王子市内を東西に走る主要幹線道路、甲州街道(国道20号線)の追分~JR高尾駅北口の歩道には、いちょう並木が続いている。これは、大正天皇崩御の際に造営された多摩御陵完成を記念して植樹されたもので、1929年の話だからもう樹齢90年近いということになる。

このいちょう並木を中心に、毎年11月末の週末に「いちょう祭り」が行われている。1979年(昭和54年)に始まって、昭和天皇のご病状の関係で中止になった以外は毎年続いているらしい。

旧甲州街道の小仏関所跡の方まで会場として設定されていて、オフクロが元気だったころを毎年のように両親が歩いていたようだ。各所に設けられた「関所」で焼き印をもらえる通行手形を集めていたようだ。

でも、僕は一度も行ったことなかったんだよね。

f:id:shibasenjin2007:20151121130514j:plain

今年初めて足を運んでみる気になったのは、35年ぶりにfacebookで連絡を取り合った旧友が、出店に参加しているとわかったから。

f:id:shibasenjin2007:20151118134443j:plain

 彼と出会ったのは1980年(昭和55年)の話で、何度か書いてきた話ではあるが、八王子市立打越中学校で行われていた、市内の中学校2年生対象の「八王子市中学校科学教育センター」に参加したときのことだった。 

shibasen.hatenablog.com

 その科学センターの紀要の「あとがき」に、こんな一文がある。

「各学校の校服を身につけた生徒にそれぞれのスクールカラーがにじみ出ていて、変化に富み楽しい教室になりました」

うん、それは今でも鮮明に覚えている。当時の僕の中学校、、、八王子市立長房中学校は、テレビの金八先生の、あの「腐ったミカン」の話のあれ、そのまんまだった。むしろ、あのドラマのモデルだったんじゃないのか?いやいや、大げさでもなんでもなく、そう感じたものだった。

だから、、、と言ってはなんだけど、科学センターでも何か怯えたような目で見てくるまじめそうな女の子もいれば、「おい!ながふさ~」と親しげに話しかけてくれるオモシロいやつもいた。

特にウマが合ったのが、椚田中のあいつと、会場校・打越中のあいつと、同じようなテーマを自由研究で取りあげた由井中の女の子二人組、、、、、そして、5中の女の子二人組と7中の彼。特に7中のU氏と5中のYさんとは、授業が終わった後に真っ直ぐ電車で帰らないで、3人で八王子駅方面まで歩いて帰ったりもした。

うん、やっぱり「ながふさ」だったね。悪い子だった(笑)

そうそう、一度彼の自宅に遊びに行ったことがあった。当時は「漫才ブーム」の最中で、ザ・ぼんちの「恋のぼんちシート」という摩訶不思議な「レコード」が流行っていた。


ザ・ぼんち 恋のぼんちシート (1981)

で、U氏がこんなことを、、、本気(マジ)で怒りながら、こんなことを言った。「ったくさあ、学校の友達にメタルテープ渡して、恋のぼんちシート録音してくれって頼んだら、46分両面、エンドレスで入れやがった!」って。

レコード・メタルテープ・46分テープ、、、、既に死語である(笑)

そもそも、メタルテープ渡す方が悪い!と、当時は思ったものだ。そういえば、サマーランドだか、よみうりランドだかに遊びに行こうという話になって、奴らは二人でデートしたかったもんだから、僕がドタキャンくらって置いてけぼり食らわされたこともあった。まあ、もう、35年前の思い出である(笑)

 

さて、11月下旬に話を戻す。

その日はちょっと横着をして、京王高尾線の高尾駅まで電車に乗っていった。駅前の甲州街道の交差点に出た段階では、ああ、こんなもんか、、、という人手だったのだけど、多摩御陵に近づくにつれて屋台や出店の賑わいも、賑やかに感じるようになった。

その日は土曜日で完全offだったので、コンビニで氷結を買ってポケットに忍ばせて歩いた。彼がいる会場の陵南公園の手前には、甲州街道の旧道が残っているのだけど今回はパスすることにして、それこそ何十年ぶりかで陵南公園へと向かった。

彼が参加していた出店は、正確には僕にはわからないのだが、自衛隊の活動を後方支援する等の活動をしている団体に参加しているらしい。

ブースの周辺には見当たらなかったので、スタッフの方に声をかけたところ、食事休憩中だった彼が直ぐに来てくれた。

本当に、35年ぶりである。今思えば、写真の一枚ぐらい一緒に撮ればよかったんだけど、そんなことよりも再会できたこと自体が嬉しくて、撮り損ねた(笑)

f:id:shibasenjin2007:20151126202741j:plain

頂いて帰ってきたのが、こちらの「入間基地カレー」

グッズも欲しかった、、、、決して興味関心がないわけでもなので、、、、のだが、手元不如意だったので、残念。

そういえば、ベトナム・ダナン時代にはダナン港に自衛隊の護衛艦かなにかが来たことがあって、日本人商工会が招待されたことがあったんだけど、僕らは会員じゃなかったので、参加できなかった。それと、、、旧日本海軍から現在の海上自衛隊に受け継がれている「金曜カレー」としゃれ込んで、日本料理屋「北国」での毎週金曜日のランチはカレーだった(笑)カツカレー、エビフライカレー、メンチカツカレー、シーフードカレー、、、、。

f:id:shibasenjin2007:20130316125737j:plain

これとか、

f:id:shibasenjin2007:20130519131040j:plain

これとか、、、、、懐かしいなあ。

f:id:shibasenjin2007:20130803161850j:plain

僕は別に国粋主義者ではないんだけど、ダナンの自室の壁には「Z旗」を貼っていた。不撤退の思い、結果を出すまでは絶対に日本へは帰らないつもりでね。それもあって、「金曜カレー」だったのだ。

f:id:shibasenjin2007:20120318124633j:plain

日曜日のランチは「オムライス」だった(笑)

好みの問題もあるけど、ダナンの日本料理屋のカレー、僕は「北国」派だな。

 

さて、海軍カレー、、、じゃなくて、入間基地カレーである。

 

f:id:shibasenjin2007:20151209210854j:plain

狭山茶入り、ということなんだけど、美味しかった。

たかが35年、されど35年。その後に歩んできた道はそれぞれだけど、まだまだお子ちゃまであまちゃんだった中学生時代に、共に前を向いて走っていたことは間違いない。

彼と再会して、まだ1か月も経っていない。でも、様々なことを思い出し、忘れかけていた情熱を思い出したのは事実だ。

うん、彼とはいちど、飲まねばなるまい。できれば、Yちゃんともね(笑)

★★★★★★★★★★★★★★

ブログランキングに参加しています

よかったらポチッとお願いします

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ