努君的徒然草2014~

元在ベトナム日本語教師で、看護医療系受験予備校講師の努くんの公式ブログ

日々の行動、活動や、思い出話。 日本語教育や国語教育のこと。 鉄道や駅弁の記録。 ベトナムのことなどなど。 徒然に記します。

瞳を閉じて~長崎の離島の愛唱歌~

 今夜のNHK・TV「SONGSスペシャル・松任谷由実」、特に後半がよかった。

ユーミンが独身時代にDJをやっていた深夜ラジオに、長崎の離島の高校生から「校歌を作って欲しい」と手紙が舞い込み、贈った曲が「瞳を閉じて」(作詞・作曲 荒井由実)である。行ったこともない島のイメージを、高校生から送られてきたイメージだけで書き上げたのだそうだ。

実は、この話、初めて聞く話ではない。

1989年2月14日と言えば、大学1年のバレンタインデーで、僕たちは日本武道館で行われたユーミンのコンサートに出かけた。その時に、ユーミンのMCで「昨年(1988年)「瞳を閉じて」の歌碑が建てられて、除幕式に参加するために、初めてその島に行ってきた」という話と共に、この曲を演ったのだ。


松任谷由実 (荒井由実) 瞳を閉じて

 この動画、1989年のコンサートの時のモノだと思うんだよね。

その島では、島の愛唱歌としていまでも歌い継いでいるのだそうだ。「島を離れてしまう人が多い」という話を聞いて、「島の人たちが、いつでも島を思い出せるような歌を作ろう」とユーミンは思ったのだそうだ。

♪ 遠いところへ行った友達に 潮騒の音がもう一度届くように 今、瞳を閉じて

今回、高校の50周年の式典があるということを、今の高校生からメールで知らされ、ラジオでは「行きたいけれど行けないんだよね」と言っておきながら、サプライズで参加したのだそうだ。

番組の中ではメールをくれた高校生たちと一緒に歌碑の前で一緒に歌い、最初に手紙をくれた女性とも再会した。そして、番組の最後には自らのピアノの伴奏で、島のみなさんと一緒に歌った。

うん、よかった。

こういう番組の作り方って、昔の落ち着いていて、安定感のあったNHKぽくってよいよい(笑)中3の1月3日だから、1982年(昭和57年)1月3日に放送した「若い広場」(懐かしい)の「オフコースの世界」再放送してくれないかな?まあ、DVD持ってるから良いんだけど(笑)

 

この日(1989年2月14日)のチケットの半券、残ってるはずなんだけど、オフコースや小田和正のチケットが入っている箱の中にはなかった。どこかにあるはずなので、出てきたらUPしたいな。一緒に行った彼女と連絡を取らなくなってから、もう久しい。先輩(男性)とは未だに深く深くお付き合いがあるけど。ねえ、香さん!

 

う~ん、、、チケットが出てこなくて悔しいので、オフコースのチケットを貼っておこう(笑)

上に書いた「若い広場~オフコースの世界~」はアルバムoverの作成ドキュメントなのだが、1982年6月23日の武道館公演over、、、これ、5人のオフコース最後のツアーなんだよね。それと、1989年2月26日の東京ドーム、オフコースの最後のライブ。

f:id:shibasenjin2007:20151219233326j:plain

 ドームは、ユーミンの武道館の1週間後だったんだね。 

★★★★★★★★★★★★★★

ブログランキングに参加しています

よかったらポチッとお願いします

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ