読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

努君的徒然草2014~

元在ベトナム日本語教師で、看護医療系受験予備校講師の努くんの公式ブログ

日々の行動、活動や、思い出話。 日本語教育や国語教育のこと。 鉄道や駅弁の記録。 ベトナムのことなどなど。 徒然に記します。

結婚記念日と丼ビールの思い出 ~đám cưới ngày kỷ niệm và bia tô~

ダナン お酒 ベトナム 教師生活 追憶

facebookに、ある意味便利で、ある意味恐ろしい機能がある。過去に遡って、同月同日にUPした記事が、「過去の思い出をチェックしなさ~い」と促してくるのだ。

もちろん、それが厭ならOFFにしておけば良いのであるし、自分で了承しない限りタイムラインに載ることもないのだが、自分以外の誰かの記事にタグ付けされていた場合は、ちょっと気恥ずかしい思いをしたりすることもままある。

さて、本日1月19日の「過去の思い出」であるが、、、、

f:id:shibasenjin2007:20160119123432j:plain

 ベトナム・ダナンの日本食レストラン「北国」の看板娘、、、と書くと「そう考えてたのは努くんだけでしょ!」と言われてしまうわけだが(笑)、赴任直後から帰国直前まで、3年間仲良くしたトンちゃんの結婚披露宴である。2013年の今日の話である。

この写真は後になって、アルバムを本人から見せてもらったときに「当日のパーティの様子を撮った写真がないな、、、」と思って、撮らせてもらったもの。僕の隣に写っているのは、、、、

ダナンの日本語ー介護クラスの2期生、日本での介護研修事前準備&日本語能力試験N2合格クラスのメンバーに「誰か、一緒に来て欲しい!」と頼んだところ、鳩首協議の末に選抜された(笑)トゥイ先生である。彼女はフエの医科大学を卒業して、看護学の教員としてダナンの大学に採用されたんだけど、「介護」教員候補として日本語を学んでいたのだ。

ちなみに、トンちゃんの旦那は、このクラスの学生の高校時代の同級生だったというオチが付く(笑)

まあ、ベトナムの結婚披露宴は、着席と同時に宴会が始まり、新郎新婦入場と両家ご両親の紹介、両家父親の挨拶ぐらいまでが式次第であって、その後は大カラオケパーティとなり、いつの間にか終わっていると、、、、、そんな感じである。

ベトナムでベトナム人の同僚や、教え子以外の結婚披露宴に出席したのは、トンちゃんの時が初めてであった。

赴任してまだ2か月ぐらいの頃に、知りもしない教員同士の披露宴に連行されたことがあった。「うちの息子と嫁は、外国人の教員がいる大学の教員である」というのがステータスらしく、知りもしない新郎新婦は恐縮気味に愛想笑いを浮かべていたが、親類縁者の握手攻め、乾杯攻めにあった僕は、、、、まあ、楽しかった(笑)

 

この日は「娘を嫁に出した父親」状態の僕を慮って、夕方からダナンでの飲み仲間、駐在の先輩であるSさんと、青年海外協力隊でダナン病院に派遣されていた日本人看護師のOさんとが、「努くん、元気出してね!大宴会」を催してくれた。

f:id:shibasenjin2007:20160119125357j:plain

 古くからのダナン人は郷愁を禁じ得ないという「丼ビール」ビア・トゥである。まだまだガラスのコップやビアグラスが高価だった時代に、丼で飲んだという話なのだが、最近になって若い人にも人気がでてきた、、、、のかな?何店舗かできていた。

この日はこの店で鍋を食べ、さんざんビールを飲んだ上で、ピザを食べ、最後にベトナム式のサウナにまで行った。詳しいことは誤解があってもよろしくないので避けるが、ちょっとドキドキ感満載であった(笑)

 

あの日から、もう3年が経った。

今思えば、この辺りから3年間の赴任生活のラストスパートが始まったのであった。

トンちゃんには子どもが生まれ、トゥイ先生も結婚してしまった。

ダナンは遠くになりにけり、である。

★★★★★★★★★★★★★★

ブログランキングに参加しています

よかったらポチッとお願いします

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ