読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

努君的徒然草2014~

元在ベトナム日本語教師で、看護医療系受験予備校講師の努くんの公式ブログ

日々の行動、活動や、思い出話。 日本語教育や国語教育のこと。 鉄道や駅弁の記録。 ベトナムのことなどなど。 徒然に記します。

【走大黒天】走り廻って福を授ける大黒様と、「わかめ先輩」の思い出【七福神、その6】

昨日のUP記事では「旧道散歩」なのか「七福神めぐり」なのかわからない状況になってしまったのだが、「八王子・七福神めぐり」の続きである。

現在の位置関係は、こんな感じ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

f:id:shibasenjin2007:20160223115053j:plain

①「甲州街道・陣馬街道の道標」、②「八王子千人同心屋敷跡の記念碑」を瞥見して、大黒様がいらっしゃる善龍寺に向かう。

f:id:shibasenjin2007:20160102143110j:plain

【走大黒天・健康増進の神様「善龍寺」】

所在地・八王子市元本郷町1-1-9 最寄り駅はJR中央線西八王子駅なんだろうけど、ちょっと離れてきているので、本郷横丁までバス利用が便利かな。秋川街道に入るバスなら、本郷横丁と平岡町の真ん中辺になる。

このお寺、もともとは滝山町、八王子城の出城である滝山城の近くにあり、城主北条氏の氏神であった真言宗の寺院だったらしい。城の機能が八王子城に移るのととも元八王子に一時移転した後、八王子城の落城後にこの地で日蓮宗寺院として改められたらしい。本堂再建の発願をした中興開祖日真聖人が旧本堂跡で、右足を踏み出した「大黒天」を発見、その姿から「走大黒天」と名付けられた、、、と言うことになっているらしい。

f:id:shibasenjin2007:20160102143202j:plain

本堂の傍らには、千人同心・増田蔵六の碑。

山門右には「浄行菩薩」、、、、があったはずなのだが、見損なってしまった。これは「洗い地蔵」と呼ばれ、菩薩様に水をかけながら自分の身体の悪いところと同じ部分を「たわし」でこすると、患部の浄化で良くなるのだそうだ。

つまり、、、、健康増進のこのお寺、「浄行菩薩」に会わないと、来た意味ないじゃん!(笑)

f:id:shibasenjin2007:20160102141001j:plain

というわけで、これで四寺院の御朱印を頂き、本日の行程はようやく半分を消化したことになる。

次に目指すのは布袋様がいらっしゃる「信松院」秋川街道を南下、甲州街道と交差して南へまっすぐ。直線とは言え今回の行程では一番移動距離が長い。まあ、のんびり歩きましょう。大黒様のように走る必要はない(笑)

f:id:shibasenjin2007:20160102143556j:plain

ん?上川霊園行きの西東京バス。このバスは、僕の母校のすぐ手前まで行く。懐かしい!

f:id:shibasenjin2007:20160102143641j:plain

逆光で見にくいんだけど、「本郷横丁」のバス停。高校の3年間、ここでバスを乗り換えていたのだ。「今熊行き」「川口経由・五日市行き」この2系統しか母校には行けない。「上川霊園行き」だと、15分ぐらい歩くことになる。

今でこそ母校もスクールバスが出ていて便利になっているが、当時は朝の通学時間帯に八王子方面からは5本、五日市方面からは3本しかなかった路線バス。僕は長房団地からの京王バスで来て、ここで乗り換え、毎朝1本目の今熊行きに乗っていた。1本目は、我が美化委員会の顧問であり、担任以上に僕の自他共に認めるお目付役だった宍戸副校長先生(後の校長)が乗っていたので、試験シーズンを除いて空いていたのだ(笑)

そして、この場所は、一学年先輩の憧れの女性「わかめ先輩」との待ち合わせの場所、、、、バスを同じ時間に待っていただけで、待ち合わせではないけれど(笑)

ちなみに、テレビのサザエさんの「ワカメちゃん」に髪型が似ていたから、ワカメ先輩。彼女とは予備校も同じ所に通ったし、大学も先輩が行きたかった大学に、結果的に僕が入った(笑)また、彼女も美化委員で、宍戸先生から見たら僕たちは「二人でワンセット」だったらしい。

そうそう、彼女が通っていた僕の母校の短期大学部がある「茅ヶ崎キャンパス」に設置されていた情報学部を、半分洒落で受験したことがある。僕が後に入ることになったのは、先輩が行きたかった教育学部が改組された文学部である。埼玉の越谷キャンパス。

受かったけど、、、、もちろん入らなかった(笑)入試の時に、お弁当作ってくれたなあ。違う意味での「記念受験」である。

今、彼女がどうしているのかは、、、知らない。まあ、淡い思い出話だ。

f:id:shibasenjin2007:20160223133159j:plain

あったあった。母校の最寄りが「久保橋」たしか、3年生になるタイミングでバス停を移動させて母校の名前になったんだけど、地元住民の苦情で「久保橋」が復活したんだった。その後、校門の脇にバス乗り場が整備されて、急行バスも運行していた時期があったらしい。今はスクールバスの基地になっている。

そうそう、「八日町四丁目」までの定期券なのは、「本郷横丁」までと料金が同じで一番八王子駅に近いバス停だから。本当は反則なんだろうけど、本郷横丁から乗り越すと、たしか10円だか20円だか高かった記憶がある。

さてと、「信松院」へ向かって南下を再開しましょう。信松院では布袋様と一緒に、地元・八王子で一番有名な女性「松姫」様が待っているはず。

【続く】 

★★★★★★★★★★★★★★

ブログランキングに参加しています

よかったらポチッとお願いします

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 八王子情報へ