読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

努君的徒然草2014~

元在ベトナム日本語教師で、看護医療系受験予備校講師の努くんの公式ブログ

日々の行動、活動や、思い出話。 日本語教育や国語教育のこと。 鉄道や駅弁の記録。 ベトナムのことなどなど。 徒然に記します。

ホーム・ゲッツーの思い出 〜背番号5の「はじめ」に捧げる〜

野球 追憶 学生時代

草野球でなかなかできないプレーといえば、僕は経験的に2つあると思う。

ひとつは、柵越えのホームラン。そしてもうひとつは、ゲッツー。ダブルプレーである。

ランニングホームランは、まあよくある。グランドの状態にもよるし、守備がお粗末で結局ホームランという経験は、僕にもある。

でも、ダブルプレーは、走者の暴走とか、守備側の「結果オーライ」のエラーが絡んでという、偶然のなせる業というのが大抵の場合であって、ピシッと決まるゲッツーは、まず成立しない。

だって、そんなの練習してないと決まらないもの!(笑)

早朝野球とか、連盟に登録して、頑張って練習してるチームならともかく、僕たちは集まって野球がしたかっただけ、その後飲みたかっただけ、だったんだから(笑)

僕たちの草野球チームは「ナインズ」正式には「ナインストーリーズ」といった。

f:id:shibasenjin2007:20150204203457j:plain

もうお分かりであろう。

スペル、間違うとるやん!(笑)

いや、それは良いんだ。とにかく、最低でも9人集まったら、野球しようと。その、ひとりひとりの物語があるはずだと。

チーム結成の秘話は、詳しくはまたの機会にと思うが、そもそも、僕と、後にチームのキャプテンとなる「悪友という名の親友」が、大学2年時の体育の授業のソフトボールで意気投合し、もちろん他にも同志がいて、4年時の春に学友会(自治会みたいなもの)主催の「新入生歓迎スポーツ大会」のソフトボールに「中文4年チーム」としてエントリーしたことが、きっかけである。中文というのは文学部中国語中国文学科の略というか、母校内での呼び名だ。その時、「親友という名の悪友」ん?逆だ!まあ、いいや(笑)彼のサークルの後輩の女の子が彼を応援に来て、その彼女が後にマネージャーとなるのであった。

その後、「悪友という名の親友」の周囲の人々を中心に人が集まりだし、まずはユニホームが作成されたのだ(笑)

記念すべき初試合は、1993年8月、東京・立川公園球場での歴史的大敗であったと、僕のホームページには記録されている。

草野球チーム・ナインズの部屋

そして、その1回の表、記念すべき先頭バッターは三振に倒れたと、僕の黒歴史として記憶の彼方に追放されている(笑)

 

さて、ゲッツーの話に戻る。

正確にはいつの試合、、、なのかは記憶が定かではない。ただ、もう15年以上前の話であることは間違いないだろう。場所は、立川公園球場、ナイターだ。この球場、たまにプロ野球の2軍の公式戦があったり、高校野球の予選が行われたりする。外野が広いんだ。一度、軟球なのにまぐれでレフトのフェンスにワンバウンドで当てたことがあるんだけど、それだけで高校の野球部の生徒に自慢できる話だ。それくらい広い。でもね、ここは僕たちのホームグランドだ。サブグランドは多摩川の河川敷球場。

僕は子供のころからクラスの野球チームのキャッチャーで、正直、他のポジションにつくとつまんない。決してうまいわけではない。でも、下手でもない。

f:id:shibasenjin2007:20150204204032j:plain

ナインズを始めたころに新調したグラブとミット。僕の物だ。このチームでキャッチャーをやっていて、気持ちよくリードできるボールが2つある。Hくんとの「黄金バッテリー」と勝手に僕は呼んでいるのだけど、彼の高めから落ちてくるカーブ。そして、「悪友という名の親友」のシュートだ。右打者にストライクを先行させて追い込んでから、このシュートで仕留める。「狙って」って空振りが取れる。仮にバットに当たっても、ぼてぼての内野ゴロだ。

結論から言ってしまうと、ホームでフォースアウト(タッチしないでアウトが成立)、一塁転送してゲッツーでチェンジになったのだから、1アウト満塁だった、ということになる。だから僕は、三振に仕留めるか、ボテボテの内野ゴロを打たせたかった。ホームでまずひとつアウトである。

シュートのサインを出すと、「悪友という名の親友」は「またかよ!しつこいなあ!」と内心思っていたはずなのだけど、、、、だって、肘が痛くなるから(笑)うなずいた。その時、サードを前進守備で守っていた「はじめ・背番号5」が突っ込んできたのがチラッと見えた。

〇その時のポジション

 ピッチャー:まこと・悪友という名の親友(背番号⒑)

 キャッチャー:つとむ・僕(背番号24)

f:id:shibasenjin2007:20150204203528j:plain

 ファースト:はじめ・肇氏(背番号9)

f:id:shibasenjin2007:20160227195451j:plain

 サード:はじめ(背番号5)

このチームには「はじめ」が3人いた。そして、ベンチにはマネージャーの(前出の)育代(いくよ)さんがいた。

三振狙い。バットに当てられてもホームでフォースアウト、あわよくばゲッツー、、、、僕の意図を察したのだろう、はじめが突っ込んできて、ものの見事にボテボテのゴロがはじめの前に転がった。

 

以下、実況放送風に

ピッチャーまこと、「肘が痛いのでシュートを温存したいのは山々なだけど、つとむ君がしつこいんでね〜」と話していましたが、つとむは決め球にしたいので追い込むと要求してきます。まこと、キャッチャーつとむのサインにうなずきました。カウントはツースリーのフルカウント。ここは得意のシュートでしょうか。まこと、セットポジションから左足が上がって、、、、、投げました。サードのはじめが突っ込んでくる。バッター内角のシュートにかろうじて当てたああああ、サード正面のボテボテのゴロ、はじめが捕ってホームへ送球!フォースアウト!キャッチャーつとむ、ファーストへ転送!!!!ファーストのはじめががっちり捕って、アウト!ダブルプレーです!草野球では珍しい、注文通りのダブルプレーが成立しました!これは「ナインズ好プレー大賞」受賞は間違いないでしょう!

 

ポジションで言うと、5-2-3のダブルプレー。ホーム・ゲッツーである。背番号で言うと、5-24-9だ。

実際、キャッチャーから言わせてもらうと難しいのよ、このプレー。だって、捕ってから体ひねって反対方向に、しかも走っているバッター・ランナーに当たらないように一塁に送球せなあかん。

まことの投球がずれてもフォアボール押し出しで1点。打ちとっても、誰かがひとつミスしたら2点入るケース。

いやいや、気分良かったですよ。

ベンチに帰りながら、はじめと「ナイス・キャッチャー」「ナイス・サード」とハイタッチしたことを覚えている。

サイン通り、キャッチャーの思案通りにプレーが決まった心地よさと、夜風の心地よさは忘れることができない。

 

昨年の5月に、僕と、「背番号9、ファーストのはじめ、肇氏」と「思い出話でも」と久しぶりに会って飲んだ。

息子さんに自分の、ナインズのユニホームを着せたり、一緒にキャッチボールをしたりしている様子をfacebookにUPしていたので、同窓会でも、、、となったのだった。

彼は大手の家電会社に勤めていて、2000年の第一次ベトナム赴任の時にウイルスにやられたPCに困り果て、たまたまそのPCの会社に勤める彼にSOSを発信したこともあった。そんな思い出と、チームの思い出と、もちろんバーベキューや飲み会の思い出と、、、、「息子のボール、受けてもらいたいよ!」なんて話も飛び出し、なんといっても「ホームゲッツー」の思い出である。話は尽きず、「悪友という名の親友」を電話で呼び出し、割と近くにいたらしい彼も駆けつけてくれて、大宴会となった。「そんなプレーもあったかなあ」と彼はトボケ、僕とファーストの肇氏は熱く語り合った。その流れで、一度みんなで集まって、それこそ家族連れでもいいから、キャッチボールでもやろうと、、、、、

 

昨日、久しぶりに「悪友という名の親友」から電話があった。午後の早い時間だったので、久しぶりにランチでもというお誘いかな?と思ったのだけど、彼の声はいくらか沈んでいるように聞こえた。

 

「サードの背番号5のはじめ」が旅立ったという知らせだった。

 

彼の闘病については、内々にちらっと、そう、肇氏との同窓会の帰りに耳打ちされていたのだけど、他言無用ということで心のうちに秘めていた。

ご家族だけで見送り、一昨日葬儀を終え、チームの仲間でもある奥様から連絡があったのだそうだ。

 

とりあえず、ファーストのはじめ氏には連絡した。だって、あの「注文通りのゲッツー」を完成させた仲間なのだから。「5-2-3のホーム・ゲッツー」は、ひとり欠けても成立しない。もう、あの場面は二度と戻らないのだと実感している。

 

ファーストのはじめ氏はショックを受けた様子だったが、「僕らが落ち込んでしまっては、一番つらい思いをしたはじめさんが報われないですね」と語り、僕は「そうなのよ。せめて、笑って送ってやりたい」と返した。

逡巡した末に、僕は宝くじを買いに行った。LOTO6である。1点、1回分だけ。200円である。

マークシートの申し込みカードに向かって、僕はあのダブルプレーのシーンを再現した。そのまんまを、その順番でマークした。

 

まこと「10」が投げました。バッター打ちました、はじめ「5」が捕る、バックホームを僕「24」が捕ってフォースアウト、一塁へ転送、はじめ「9」ががっちり捕ってダブルプレー。ベンチでは育ちゃん「19」「4」が手を叩いて喜んでいる。

f:id:shibasenjin2007:20160227181508j:plain

どう?完璧でしょ?

「不謹慎だ!」と言うことなかれ。「不謹慎」というのは容易い。でもね、志半ばで苦しんで逝った仲間を、笑顔で送り出したかったんだ。

「ハズレ」たら、かすりもしなかったら、はじめはきっと、いつもの薄笑いを浮かべながら「ま、そんなもんだ」と言うだろう。いや、ハズレでいいんだ。これは、彼を笑って送り出すためのギャグ、ネタだ。もしも、そこそこ換金できたら、みんなで集まってキャッチボールした後に大宴会だ。但し、もう少し暖かくなってからね(笑)

 

お〜い、はじめ!

きつかったな、おつかれさん。でも、いくらなんでも、ちょっと早すぎたぜ。

そっちでは、あまりやんちゃせずに、心やすらかにな。 

また、そっちで野球やろうぜ!

しばらく、みんなが揃うまで待っていてくれ。でも、まだ時間かかるぜ。待ちくたびれてふてくされても、簡単には行けないからな。あ、グランド、立川公園球場の予約はしておいてくれ。ナイターだよ。そうか、家族連れもいるから、昼間の多摩川河川敷の方がいいな。寒い時期はダメだぜ。怪我しちゃうから(笑)

はあ?面倒だぁ?早く着いちまったんだから、それくらいやっといてくれ!

それから、打ち上げの宴会は、まことの家でホームパーティだ。もちろん、料理するのは、はじめだぜ。だって、料理は他の誰もはじめには勝てないんだから。任せた。

 

じゃあ、また、そっちでな。そっちでも、「はじめ、らしく」物語の続きをな。みんなが揃ったら、プレーボールだ。

おつかれ。思い出をありがとう。

 

追伸: 背番号5は、ナインズの第1号「永久欠番」だ。

 

ちなみに、コメント欄が下の方にあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています。ポチッとお願いします。 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村